| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

桂子の日々の暮らし


京都で作陶をしながら暮らす日々の日記。
【個展作品はこちら>>>】
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    日吉窯元まつり
    0

      先日、私が唯一参加させていただいている日吉窯元まつりが開催されました。

      今年は初の試みで地元の木造校舎のある小学校の体育館を借りての陶器市でした!

      地元の窯元の多くの方はこの今熊野小学校を卒業されたらしく

      そんな思い出深い場所での陶器祭りって、なんだかいいなと思いました。

      私たちは今工房を借りている禎山陶苑さんのブースで参加させていただきました。

      京焼き・清水焼の地元の窯元まつりなので、ほとんど本場の京焼き・清水焼ばかりの中

      いつも私たちのブースだけ異色な空気感が漂います(笑)



      また今年は陶器市だけでなく、地域の方々により楽しんでいただきたいと

      落語会や生ライブなど新しい試みありました。

      1日目の「桂 二乗さんによる落語会」は木造校舎の職員室の2階で開かれました。

      作法室だった場所があっという間に寄席の雰囲気になってビックリ!

      若い子からご年配の方まで多くのお客さまに聴きに来ていただきました。



      今回は落語だけではなくお囃子紹介をしてもらったりお客さまにも体験してもらったり

      皆さん笑顔で帰っていたれたのがとっても印象的でした。

      足の悪いご年配の方が、なかなか遠くに出歩けないので本当に楽しかったと

      何度も何度もお礼を言って帰っていかれました。

      この日吉地区、かなり坂道の上にあるので、一度上ると下界に下りていくのは

      私でもちょっと嫌です。そしてご高齢の方が多い。

      この小学校もあと2年で廃校になってしまうそうです。校舎は残るのかな?

      こんな素敵は校舎は残してもらいたいなと思いますね。



      日吉の陶器祭りは五条や山科で行われる陶器祭りとは少し違い、

      いつもは見られない各窯元さんの工房を見てまわれるスタンプラリーや

      日吉焼物検定などもあり、散策しながら子供から大人まで皆が楽しめる

      お祭りだなぁと思います。




      普段は通らない路地の奥の方まで子供たちが駆け回って

      なんだか迷路を楽しんでいるかのようでした(笑)



      お祭りの翌日、またいつもの静かな日常に戻るんだなと思って

      ちょっと寂しくなったりしました。

      が!!!

      私たちの借りている工房(特に姉部屋ね!)はいつも誰かが

      ハプニングやら何やら起こして毎日お祭り状態だったと再確認(笑)

      京都を離れ、実家で作家活動をしようかと思った事もありましたが、

      こうした本場の職人さんがいる地域(皆さん本当に親切なんです)で

      作家活動ができ、勉強させてもらい、素敵な環境に自分がいるんだなと

      改めて思いました。やっぱり京都から離れられません〜♪

      |17:28| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by togei-k - -
      スポンサーサイト
      0
        |17:28| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.